問題・悩み

アルバイトを辞めたいときは2週間前に伝える必要があるってこと知ってた?円満退社をするための伝え方とタイミングを解説

こんにちは、忍者です。

フリーランスを目指している方や学生の方、今後起業をしたいと考えている方の中には、アルバイトをしながら将来設計を進めているという方もおられるのではないでしょうか。

かくいう僕もその一人で、現状では完全に独立したフリーランスとしてやっていくことには少し不安があり、副業でアルバイトをしながらライターとしての活動を行っています。

もちろん今後、ライターとして安定的に稼げるようになれば、アルバイトは辞めるつもりですが、そのタイミングが来たとき、「正確には何日前までに退職の意思を伝えることがベストなのか」ということについて、少し疑問を感じましたので、今回の記事でまとめてみようと思いました。

バイトを辞めたいと伝えた後、出勤するのが気まずいから、辞める直前に伝えようと考えている方がおられるのであれば、間違った考え方をされています。

なぜなら、バイトを辞める場合には、退職日までの最低日数が法律によって定められているからです。

今回の記事では、可能な限り円満にアルバイトを辞めるために、何日前に退職の旨を伝えるべきか、また辞めるときの切り出し方やタイミングなどをまとめましたので、参考にしてみて下さい。

バイトを辞めるときは2週間前に退職の旨を伝える必要がある。

今のアルバイトを辞めたい場合は、退職日の2週間前には退職の旨を伝えなければならないと、民法により定められています。

  • 無断で退職する。職場をブッチする。
  • 一方的な理由で、2週間以内に退職すること。「明日辞めます」など。

法律により、上記のように退職をすることは、やってはいけないこととなっています。

逆に言えば、2週間前までに退職の旨を伝えておけば、職場に引き留められた場合でも、2週間後には退職する権利があるということです。

また、アルバイトを辞めたいけど辞められないということは絶対にあり得ないことであり、雇用主よりも立場の弱い労働者には皆、「辞める権利」が等しく認められています。

バイトを辞めるときは1~2ケ月前に伝えるのがベスト。

2週間後に退職する権利があるといえど、職場からすると、2週間後に辞めたいと伝えられるのは、急な話だと感じるはずです。

なぜなら、人手不足で悩んでいる職場は数多く存在し、2週間後すぐに欠員を補充できる会社というのは、とても稀なケースだからです。

アルバイトで培った人間関係を大切にし、可能な限り円満退社をしたいと思うのであれば、退職日を「最低でも1ヶ月後」に設定して伝えるのが一般的でしょう。

アルバイトといえど一社会人ですから、自分が辞めて職場を去った後のことも、きちんと考えるべきであり、次の人に業務の引き継ぎなどをしっかりと行う必要があります。

自分が辞めた後も、その職場が今まで通り、円滑に業務を進められる状態にしてから辞めるというのが理想の辞め方ですが、そこまでの状態を作れないとしても、職場が次の従業員を募集する時間を確保できるように、1ヶ月後よりも2ケ月後、2ケ月後よりも3ケ月後、というように、職場に時間の余裕を持ってもらえるスケジュールを提示することが最善策だといえるでしょう。

※職場の就業規則に、退職する際の期限についての項目があれば、その規則に従うことが正しい方法になります。

バイトを辞めることを伝える切り出し方

では、実際に上司に辞める意志を伝えるときは、具体的にどのような切り出し方をするべきなのでしょうか。

切り出し方のポイントや注意点をまとめましたので、見ていきましょう。

辞めると伝える場合は、事前に話をする時間を作ってもらう段階から始めよう。

従業員がバイトを辞めたいと上司に伝えるということは、職場が今後も円滑に業務を行っていけるように、上司が何らかの対策を取る必要性が生じるということになります。

上司に職場を辞めたいという自分の要求を受け入れてもらうためにも、上司の立場や気持ちに配慮し、事前にアポイントを取るということがポイントです。

辞めるということは、本人と職場の双方にとって、とても重要な内容の話であるため、仕事中や雑談時など、普段上司と接している状況で突然伝えることは避けましょう。

辞めることを伝えるまでの流れ
  1. 休憩時間やその日の仕事終わりに、話す時間を作ってもらえるように確認し、上司にきちんと辞める意志を伝える場を設けてもらう。
  2. その場や、その日のうちに時間を作ってもらえるのであれば、お礼を言う。
  3. その場で時間を作ってもらえない場合は、後日、時間を作ってもらえるように頼む。
  4. 改めて設けてもらった場で、辞める意志を伝える。

辞める意志の伝え方

上司に設けてもらった場で、しっかりと気持ちを伝えられるように、事前に話す内容を整理しておくことはとても重要です。

本項では、辞める意思を伝える具体的な話し方についての例文を挙げていますので、参考にして下さい。

その場で時間を設けてもらえる場合
  1. 「大事なお話があるのですが、今少しお時間をいただけますか。」
  2. 「ありがとうございます。実はアルバイトを辞めさせていただきたい旨をお伝えしたいと思い、お時間をいただきました。来月からは〇〇ということをやっていく予定です。」
その場では時間を設けてもらえない場合
  1. 「大事なお話があるのですが、少しお時間をいただけますか。」
  2. 「それでは、後日改めてお話しさせていただきます。」
  3. 「先程の件ですが、実はアルバイトを辞めたいと考えており、お時間をいたただきました。」

上司に伝えるまで、他の従業員には言わない。

注意すべき状況としては、上司に直接伝える前に、他の従業員に辞めることを言ってしまい、それが人づてで上司の耳に入ってしまうという状況です。

上司に対する大事な話の内容が、人づてに上司の耳に入ってしまうということはマナー違反になりますし、何よりも、あなたの評判が悪くなってしまいますので、十分に注意しましょう。

バイトのことが原因で心身の健康に影響がある場合は、お医者様に相談しよう。

数ある職場の中には、いわゆるブラックな職場というのも存在しているのが事実です。

明らかに不当な扱いを受けたり、陰湿ないじめに合ってしまうというように、バイトが原因で体調を崩されている方もおられると思います。

体調を崩してまで、自分に合わない職場で無理して働き続ける必要はないと思いますので、辛い現状にある方は、2週間後すぐに辞めさせてもらえるように行動してみてはいかがでしょうか。

2週間耐えることすら考えられないような深刻な状況なのであれば、通院して専門家に診てもらい、すぐに退職する必要がある状況だという内容の診断書を書いてもらって提出して下さい。

一方的な方法なので反感を買ってしまうことになりますが、これ以上思い詰めて体調が悪化するよりは、マシなのではないでしょうか。

尋常でないほどに辛いときは、自分を大切にするためにも、逃げる勇気も必要です。

死にたいと感じるレベルでアルバイトを辞めたい場合は、即、辞めてしまおう。(持論)

バイトを辞める場合は、2週間前までに伝える必要があると、散々書いてきましたが、個人的な考えを述べると、このままアルバイトを続けると死んでしまうというぐらいに思い詰めているのであれば、即、辞めてしまえばいいと思います。

たまに、仕事が原因で自殺してしまうというニュースを見かけますが、「どんな複雑な事情であれ、死ぬぐらいなら辞めればいいのに。」と思ってしまう僕には、その行動が全く理解できません。

このまま無理をすれば、過労でうつを発症し、判断力が低下して自殺をしてしまうというような、最悪な状況に発展する可能性があると分かった時点で、辛い職場や人間関係から離れるなど、自分の身を守る行動をとりましょう。

法律を破ることを勧めているわけではありませんが、命よりも大事なものなどないはずです。

まとめ

以上、本記事では、できる限り円満にアルバイトを辞めるために、辞める旨を何日前に職場に伝えるべきか、また、その切り出し方や伝え方について解説しました。

  • 辞める場合は「2週間前」に、辞める意志を伝える必要がある。(法律で定められている。)
  • 職場に迷惑がかからないよう、「1ヶ月後~2ヶ月後に辞めます」と伝えるのが一般的。
  • 辞める意志を上司に伝える際は、突然切り出すのではなく、事前にアポイントをとり、改まった場で話をする。
  • 上司にアポイントを取りにいった際に、すぐにその場で話ができない場合は、後日改めて伝えよう。
  • 辞めることは他人に言わないほうがいい。(人づてで上司の耳に入ってしまうことに注意する。)

以上のことを踏まえて、バイトを辞める場合には、一方的に自分の意見を伝えて迷惑が掛からないよう、職場に配慮した行動を心がけましょう。

バイトのことで思い悩んでいる方は、あまり無理をなさらないようにして下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。