drums

ドラム初心者におすすめのドラムスティック7選とスティックを選ぶ際に押さえておきたい3つのポイントを紹介

これからドラムを始めたいと考える初心者が、まず最初に用意する必要がある道具といえばスティックですが、ドラムスティックには様々なメーカー・形状・材質の製品が存在し、販売されているスティックの種類は多岐に渡ります。

そのため、ドラム初心者がスティックを選ぶ際には、自分に合ったスティックが分からず、どのスティックを購入するべきか迷ってしまうことでしょう。

ですが、スティックを選ぶ際のポイントや、材質・形状の特性を知ることができれば、自ずと自分に合ったスティックがどのような物なのかが分かるはずです。

本記事では、ドラム初心者の方がドラムスティックを選ぶ際のポイントや、スティックの材質・形状の特性などを解説すると共に、筆者おすすめのドラムスティックをご紹介します。

見習い忍者

ドラムをやってみたいからスティックを買おうと思ってるんだけど、どんなスティックを選べばいいんだろう?

見習い忍者

自分に合ったスティックってどんなのかな?たくさん種類があるからわからないなぁ…。

忍者

この記事では、このような疑問に答えます。

このブログの筆者である忍者は、ドラマー歴20年ほど。CDもリリースしているし、ドラマーとして全国ツアーの経験があるよ!

ドラムスティックを選ぶ際に押さえておきたい3つのポイント

数多く存在するドラムスティックの中から自分に合った一本を見つけるためには、今後自分がどのような音楽を演奏したいのかを明確にしておくことが重要です。

なぜなら、ロックやメタルなどのハードな演奏をしたい人向けのスティックと、アコースティックなどの軽快な演奏をしたい人向けのスティックでは、求める材質や形状が全く変わってくるからです。

ですから、この記事を読み進める前に、まずは「自分はこんなドラムを演奏したい!」というイメージを持ちましょう。

(漠然としたイメージでOKです。)

そして、自分が演奏したいドラムのイメージに近づけるためには、どれを選択すればいいか、ということに意識を向けて、本記事の情報を取り入れていって下さい。

忍者

ドラムスティックを選ぶ際の3つのポイント

  • スティックの材質の種類と特徴
  • チップ形状の種類と特徴
  • グリップの選び方

まずは、これら3つのポイントを解説するよ。

スティックの材質の種類と特徴

主にスティックの材質には

  • ヒッコリー
  • オーク
  • メイプル

の3種類が用いられます。

スティックの材質の種類によってドラムを叩いた時に鳴る音が変わってくるため、どの材質で作られた物を使うべきかは、スティックを選ぶ際に非常に重要なポイントといえます。

ヒッコリー

ドラムスティックに用いられる素材の中で、最もポピュラーな素材がヒッコリーです。

ヒッコリーで作られたスティックは程よい重量と硬さで扱いやすく折れにくいため、これといったこだわりがない初心者には一番おすすめするスティックです。

数あるスティックの中で大半を占めるのがヒッコリー素材で作られたスティックであり、ヒッコリー素材のスティックはドラムスティックの定番といえるでしょう。

オーク

オークはヒッコリーに比べ、硬くずっしりとした重みが特徴の材質です。

最も耐久性に優れた素材といえるのがオーク素材で、重くて硬い材質のため、力を入れて叩いても折れにくいといった特徴があります。

オークは重量感のある素材ですから、ロックやメタル等のヘビーなサウンドを求めている方におすすめの材質です。

メイプル

メイプルはヒッコリーに比べ、柔らかい素材感が特徴の材質です。

柔らかい素材感のため、折れやすいというデメリットがありますが、アコースティックサウンドなど比較的軽めで温かみのある演奏に適しています。

また、メイプルはスティック素材として用いられる他に、ドラムのシェル(胴)にも用いられ、優しく温かみのあるサウンドが特徴の材質です。

チップ形状の種類と特徴

スティックの先端部分を「チップ」と呼びますが、チップの形状には様々な形状が存在します。

どのようなチップの形状のスティックでドラムを叩くかによっても、鳴る音が変わってくるため、どのようなチップの形状のスティックを使うかということは、スティックを選ぶ際に重要なポイントとなります。

チップの形状の種類は主に

  • 丸形 (ボール)
  • 角型 (スクエア・樽型)
  • 卵型 (楕円型)
  • 涙型 (ティアドロップ)
  • 三角型 (円錐型)
  • チップレス

の6種類が存在します。

丸型

チップが丸型のスティックは形状が丸いことから、叩いた時の接地面(打面に当たるチップの面積)が一定になるため、一打一打のサウンドのばらつきが生じにくいといった特徴があります。

接地面が一定になりやすいということは、叩いた時のリバウンドが安定しやすいためスティックをコントロールしやすいので、初心者が扱いやすいチップ形状だといえます。

角型

角型のチップは、丸型に比べ接地面が広いため、丸型よりも大きなサウンドを出せるといったメリットがあります。

丸型に似た特徴を持った形状で、叩いたときの接地面が比較的安定しやすいため、スティックをコントロールしやすく初心者にも扱いやすいチップ形状だといえます。

卵型

卵型のチップ形状のスティックは、丸型のような安定した接地面を得ながら、叩く角度によって音色の変化もつけたいという方におすすめのチップ形状です。

初心者が少しスティックの扱いに慣れてきたころに、卵型チップを使って叩く角度の違いによる音色の変化を楽しんでみるのも良いでしょう。

涙型

涙型チップは、叩く角度によってサウンドの変化をつけやすいといった特徴があります。

シンバルを演奏する時など、一打一打のサウンドに表情をつけて演奏した場合などに適したスティックですが、扱いには高度かつ繊細なテクニックが必要になるため、上級者向けのチップ形状だといえるでしょう。

三角型

三角型チップの特徴は、涙型チップに似ており、叩く角度によってサウンドの変化をつけやすいといった特徴があります。

三角の形状から、涙型よりもさらにサウンドに変化をつけたい時に有効な形状ですが、一打一打サウンドをコントロールするためには、高度かつ繊細なテクニックが必要になるため、上級者向けのチップ形状といえます。

チップレス

チップレスのスティックは、チップ部分のないスティックで、他のスティックとは違い丸太棒のような形状のスティックです。

今回紹介した形状の中で一番大きな音を出せますが、繊細なサウンドを出すことには適していません。

コントロールも難しいため、初心者がチップレスのスティックを使用するのは避けた方が無難です。

グリップの選び方

スティック選びの最後のポイントは、スティックの持ち手部分である「グリップ」についてです。

スティックを選ぶ際には、グリップ部分が自分の手の大きさや指の長さにフィットするスティック選びをすることが肝心です。

ドラムを叩くことに慣れない段階で手首を痛めないためにも、握りやすく振りやすい、手や腕に負担がかからないスティックを選ぶようにしましょう。

ドラム初心者は太すぎず、細すぎず、といった標準のスティックを使うことをおすすめします。

本記事でスタンダードなドラムスティックを紹介していますので、そのスティックを基準にして自分に合ったスティックを探してみましょう。

ドラム初心者におすすめのスティック 7選

Pearl パール ドラムスティック 110HC

  • 材質 / ヒッコリー
  • チップ / ボール
  • サイズ / 14.5×398mm

特徴

Pearl ドラムスティック 110HC は数あるPearl製スティックの中でも代表的なスティックとしてロングセラーを続ける人気モデルです。

長さは少し短めですが、適度にしなり振りやすいため、パワーが出しやすい印象を受けます。チップ形状はボールやスクエアなど、初心者が扱いやすい形状が採用されているため、初心者ドラマーの練習用におすすめのスティックです。

また、amazonでの評価も良く値段も手ごろなため、ドラム初心者が最初に購入するドラムスティックに最適だといえるでしょう。

忍者

拙者がスティックを選ぶ際には、このスティックを基準として他のスティック選びをしている。

Pearl 110HCは数あるドラムスティックの中で、最もスタンダードでポピュラーなドラムスティックだと感じるよ!

Pearl パール ドラムスティック 110HC

VATER ベーター シュガーメイプル・ピッコリーノ VSMPNW

  • 材質 / メイプル
  • チップ / ボール
  • サイズ / 16.3×391mm

特徴

VATER VSMPNW は、最高峰のメイプルが用いられた高品質なドラムスティックであり、同社発売の人気モデルである「ピッコロ」のサイズを15mm程短くし、日本人の掌の大きさに合うように設計された日本限定モデルのスティックです。

メイプルならではの柔らかい素材感により、繊細で温かみのあるサウンドを奏でることが特徴で、ボール型のチップ形状のため、初心者の方も扱いやすいスティックといえます。

ですが、メイプル素材のスティックは柔らかく耐久性に欠けるというデメリットも存在します。ドラムの演奏に慣れないうちに無茶な叩き方をしてしまうと、せっかく購入したスティックがすぐに傷んでしまう可能性があるので、初心者が柔らかい材質のスティックを用いてドラムセットでの練習を行う場合は、十分に気をつけましょう。

忍者

VATER社はアメリカの高品質のスティックメーカーであり、VATER社のスティック製作技術は世界各国で認められている。

創業当初は店主が手作りでスティックを製作していたそうだが、その質の良さから当時のドラマー達がこぞってVATER社のスティックを購入しに来るほどの人気ぶりだったそうだ。

VATER ベーター ドラムスティック シュガーメイプル・ピッコリーノ VSMPNW

PROMARK プロマーク ドラムスティック TX707N

  • 材質 / ヒッコリー
  • チップ / ボール (ナイロンチップ)
  • サイズ / 14×412mm

特徴

PROMARK TX707Nは、程よい硬さで耐久性・弾力性のあるドラムスティックです。

このスティックは非常にバランスの良い高品質なスティックで、ポップやロックだけでなく、メタルやパンクなどのハードな演奏にも対応できるスティックです。

アコースティックやJAZZを演奏したい方は、このスティックを基準に、細くて軽いスティックを選ぶことで目的のサウンドに近づけるのではないでしょうか。

チップ形状がボールで、バランスの良いスティックのため、初心者におすすめのドラムスティックとして紹介しています。

今回紹介しているのはナイロンチップのスティックですが、ナイロンチップでなくウッドチップの製品も販売されています。

忍者

PROMARK社はヒッコリー・メイプル・白樫オーク(日本製樫材)を使用したドラムスティックメーカーで、アメリカで初めて日本製樫材を使用したドラムスティックの市場展開に成功した会社だよ!

PROMARK社は、ただ単に高品質なドラムスティック製造を行うだけでなく、材料となる木材には絶滅の危険性がない木材のみを使用し、木材を伐採した後の植栽に注力するなど、環境の事をきちんと考えた上でドラムスティックを製造しているんだね!

PROMARK (プロマーク) ドラムスティック TX707N

VIC FIRTH AMERICAN CLASSIC VIC-5A

  • 材質 / ヒッコリー
  • チップ / 楕円型
  • サイズ / 14.4×407mm

特徴

VIC FIRTH AMERICAN CLASSIC VIC-5Aは、ヒッコリー素材のスタンダードなタイプのドラムスティックで、耐久性がよく扱いやすいため、初心者からプロにまで愛用される定番のドラムスティックです。

このスティックは、スタンダードなタイプのスティックのため、安定したサウンドを出すことができるので、幅広いジャンルの音楽に対応することができるオールラウンドなドラムスティックとして世界中のドラマー達に愛用されています。

今回はチップ形状が楕円型の製品を紹介しましたが、角型(バレル)形状の製品も販売されています。

忍者

VIC FIRTH社は、コンピューターで木材それぞれの個性を見極め、その個性に応じた製造工程でドラムスティックを製造しているため、個体差が少ないことに定評のあるドラムスティックメーカーだよ!

ドラムスティックは木材で作られているから、同じ製品でも手に取った時に少し重さが違う物もあるんだけど、VIC FIRTH社の研究された作り方によって、製品の個体差を減らすことに成功しているんだね!

VIC FIRTH AMERICAN CLASSIC (Hickory) ドラムスティック VIC-5A

REGAL TIP ドラムスティック 8A 208R

  • 材質 / ヒッコリー
  • チップ / 楕円型
  • サイズ / 14.1×406mm

特徴

REGAL TIP 8A 208Rは、ヒッコリー素材で耐久性のある、軽量なドラムスティックです。

軽量なスティックは打面を叩いた後のリバウンド(跳ね返り)がいいという特徴があるので、リバウンドを生かしたシンバルワークを用いたジャズやファンクなどの演奏に適したスティックといえます。

初心者の段階からジャズやファンクなどのリズムを叩くのは難しいことですが、チップ形状が楕円形・卵型のスティックも安定したスティックコントロールを得やすい特徴があるので、初心者にも使いやすい形状のスティックだといえるでしょう。

リーガル・ティップ ドラムスティック 8A 208R

TAMA タマ ドラムスティック 0214-B

  • 材質 / オーク
  • チップ / ボール
  • サイズ / 14×406mm

特徴

TAMA 0214-B は、細いスティックでパワーを出したいドラマーの方におすすめのドラムスティックです。

オーク素材のスティックなので、固めでパワフルかつ重量感のあるサウンドを出すことができるでしょう。ボール型チップのため初心者の方も扱いやすいスティックの一つですので、今後ロックやメタルといったハードな演奏をしてみたい初心者におすすめのドラムスティックです。

また、他のスティックと比べて値段が安く手に入れやすいので、これから色んなスティックを使ってみたいという方は、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

PLAY WOOD トレーニングスティック TR-AA

  • 材質 / オーク
  • チップ / ボール
  • サイズ / 19×423mm

特徴

PLAY WOOD TR-AA はオーク材を使用したドラムスティックで、太くて重いためパワフルなサウンドを出すことができます。

このスティックは主にトレーニング用に使用するドラマーの方が多く、このスティックと練習パッド・クリックを用いてシングルストロークやルーディメンツのトレーニングをすることで、ドラムを叩く際に必要な腕や手・指の筋力を鍛えることができるため、初心者が練習する際のおすすめスティックとしてご紹介しています。

しかし、シングルストロークの叩き方などの正しいフォームを身につける前に、訳も分からずこのスティックで練習してしまうと、手首を痛める危険性があるため、まずは正しいフォームを知った上でこのスティックを使用するようにしましょう。

PLAY WOOD プレイウッド トレーニングスティック TR-AA

まとめ

以上、本記事では「初心者がドラムスティックを選ぶ際のポイント」と「初心者ドラマーにおすすめのドラムスティック7選」をご紹介しました。

スティック選びのポイント まとめ
  • こだわりがない場合 → ヒッコリー素材・スタンダードなスティック
  • ヘビーなサウンド  → オーク素材・太めで重さのあるスティック
  • 軽快なサウンド   → メイプル素材・細めで軽量のスティック
  • 初心者におすすめのチップ形状 → ボール・丸型のチップ形状
  • 持ちやすくて振りやすい、手首に負担がかかりにくいグリップ選び

まず最初は、ドラムスティックの定番であるヒッコリー素材、初心者が扱いやすいボール形状のチップ、重すぎず、軽すぎずといったスタンダードなサイズのスティックを選ぶことをおすすめします。

今回ご紹介したことを踏まえて、自分にピッタリのワンセットを選び、思い切りドラムの演奏や練習を楽しんでみて下さい。